WordPressで新着コメント!と思ったら自分のBlogからリンク?その理由と解決法

こんにちは、まだまだWordPressに不慣れなおたまです。
今日はワードプレス初心者あるあるネタとその解決方法をご紹介します。
まさにさっき自分で経験したばかりなので、冷めない内にってことで。

アクセス数の少ないWordPressブログ初のコメント?でもコメント作成者が自分のBlog?

まずぬか喜びしてしまったそこのあなた、心中お察しします。
「コメント作成者」を見て、ん?と思うまではきっとテンション上がってましたよね。
つい数分前のわたしが、まさにその状態でした。初コメントついたやったー!って。

誰かが書いてくれたコメントじゃないことがわかったところで、
あまり落ち込まずに原因を探りましょう。

ぬか喜びの原因はWordPressのピンバック機能

少し落ち込んだあと、冷静になったあなたは気づくはずです。
きっと「作成者・コメント・コメント先」あたりを見比べていることでしょう。
そして、自分の記事に自分で書いた別記事のリンクを貼ったのが関係しているんじゃね?
って思いませんでした?
これがWordPressのピンバック機能というものだそうです。

ピンバック機能をもう少し詳しく見て行きましょう。
ピンバック機能は、記事の中にWordPressで作られたBlogへのリンクを貼ると、
自動的にリンク先のブログコメント欄に、あなたが見たようなコメントを残します。

リンク先が自分のブログでも他人のブログでも、WordPressで作られたものであれば
ピンバック機能が働きます。
なので、わたしもアナタもぬか喜びする羽目になった訳なんです。

今回学ばせてもらったのはゼロから始めるWordPressさんのこの記事
とてもわかり易く書かれていたので、リンクを貼りました。
このリンクにもピンバック機能が働いて、コメント欄に通知が行くはずです。

こうやって他の人のブログにリンクを貼るのは外部リンクと呼ばれています。
対して、わたしやあなたがぬか喜びした自ブログ内のリンクは内部リンク
言葉はさほど大事じゃないですが、せっかくなので合わせて覚えておくと良いかも。

内部リンクだけピンバックを回避したい

よそさまのワードプレスBlogにリンクした時のピンバックは残したい。
ってわたしは思ったんです。だってその記事が良いと思ってリンク貼ってるんで、
その著者がピンバックのコメントから自分のブログを訪れてくれたら嬉しいので。

助かったという気持ちとかも拾ってくれるとお互い嫌な気はしないでしょうし。
なので、内部リンクだけピンバックを回避する方法を探すことにします。

内部リンクのピンバックだけ回避する方法ってないの?

めっちゃ探し・・・ませんでしたが、すぐ見つかりました。
先ほど紹介したブログの別記事にわたしの望む解決方法が!
参照:ゼロから始めるWordPress WordPressの内部リンクのピンバックを無効にしてくれるプラグイン、「No Self Pings」。
読みやすく、わかりやすく、ありがたい記事でした。感謝の意を込めてこちらもリンク。

紹介されているとおり、わたしも「No Self Pings」をインストールしてみます。
「ゼロから始めるWordPress」さんではインストールの方法が紹介されていなかったので、
わたしがやった流れを紹介します。

プラグインの検索

プラグインの追加画面で「No Self Pings」と入力して検索



インストール

赤線のプラグインがお目当ての「No Self Pings」 赤丸のボタンを押してインストールします



インストール

わたしはマルチサイトで運営しているのでちょっと画面が違います。 赤丸で囲った部分に「このプラグインを有効化」みたく出ると思うのでそれを押します。


この3ステップで完了。マルチサイトで運営している方に付け加えます。
マルチサイトではネットワークで有効化せず、個別のサイトで有効化してください。
ネットワークで一括設定は出来ないプラグインのようなのでご注意を。

「No Self Pings」の効果測定

内部リンク貼る前

現在はこのようになっています。内部リンクを貼ったあとどうなるか検証


「No Self Pings」インストール後のコメント件数が1と表示されています。
このコメントは昨日わたしが内部リンクを貼ったためにピンバックで自動追加されたもの。
昨日の記事:ARIAが新作アニメ化決定!9月にはイベント上映も。でっかい楽しみですね!
に内部リンクを貼って今からこの記事を更新します。その後、コメント数が増えるか検証。
また後ほど、コメント数の欄をキャプチャして載せますね。

したっけまたあとでー

投稿後の追記

はい、再びおたまです。結果から言うと、投稿後もコメント数が1のままでした。
プラグインが内部リンクのピンバックをちゃんと弾いてくれたみたいです。
今、わたしが使うWordPressはバージョン4.1なので、「No Self Pings」は4.1でも有効!
という結論が出せました。更新されていないプラグインですが、今のところ不具合もありません。

投稿後のコメント数変化なしの画像

赤丸で投稿後ということがわかります。四角部分はコメント数が先ほどの1と変わらないことを表しています。


まとめ

  • 自分のBlogがコメント作成者になってたら、それは内部リンクのピンバック
  • ピンバックはWordpressブログへのリンクなら内部も外部も自動でつくのがデフォルト設定
  • 外部リンクへのピンバックは残して内部リンクのピンバックだけ外したいなら「No Self Pings」
  • 「No Self Pings」プラグインはバージョン4.1でもちゃんと動く。他の不具合は自己責任で

おまけ

「No Self Pings」インストール前のピンバックコメントの画像

ピンバックのコメントを承認したら内部リンク先の記事にコメントが載りました。「No Self Pings」インストール前のピンバックコメントは除外できないみたい。


というわけで、プラグインをインストールする前にピンバックで生成されたコメントは手動で削除しましょう。

したっけまた~

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告