万豚記(ワンツーチー)の麻婆豆腐定食を食ってきた

2日連続の外食でエンゲル係数が高めのおたまです、こんばんは。普段は月に1回外食をするかしないかなので、わたしとしては珍しいパターンです。昨日からイベント催事に出店していて、昨日は納品、今日は現地で試食販売をしたので外食続きになりました。辛いもの好きなので、結構気に入っている万豚記の紹介をば。

万豚記とは

全国に20数店舗を展開するチェーン店の中華料理店。担々麺や麻婆豆腐など、辛い食べ物に人気がある。後述しますが、「日本一辛い担々麺」と呼ばれるメニューも辛いものマニアに人気があるもよう。

万豚記のホットペッパー情報

価格帯がランチでも900円弱なので、大衆中華というには少しリーズナブルさがないかもしれません。わたしは妥当な価格と味と思って食べてますけどね。

麻婆豆腐定食はこんな感じ

麻婆豆腐定食の画像

麻婆豆腐定食

ライスは大盛りで。おかわり自由とあったので、最初から大盛りを頼んだらそのようにしてもらえました。ご飯・麻婆豆腐・スープのセットで900円台。ボリュームもあるし味も美味しいので満足です。

辛さのレベルはどのくらいか

万豚記 日本一辛い」という検索ワードがあるくらいなので、さぞかし辛いかというと、わたしはそこまで辛いと思いません。麻婆豆腐に関しては、四川山椒が効いてしびれる感じの辛さと美味しさです。辛いもの耐性があまりない方や、日本料理の「辛い」がやや辛く感じる方は、相当辛く感じるのかも。辛いもの好きで汗もそんなに出ないよ(わたしもこういうタイプ)という方は、そこまで辛く感じないんじゃないかな。

日本一辛い担々麺は本当に日本一辛いのか

まずはこのメニューが何なのか。おそらく札幌店だと「超辣担々麺」とか言うメニューだった気がします。一度食べました。日本一辛・・・くはないかな。数日後に食べた玉林酒家の「火鍋刀削麺」というメニューのほうが辛かったので。札幌にお住まい、もしくは出張で「超辣担々麺」より辛いものを食べてみたい方は、栄町の玉林酒家に行ってみると楽しめるかもしれません。

辛いものトークも良いものですね。辛いもの食べながら辛いもの好きな人と語らいたい。万豚記も昨日の竹本商店に続き、実は秋田に住んでいた頃から数年来のファンで、たまに食べたくなる味。好きです。

実は今日、けっこう混んでいて、一人で行ったわたしは席待ちで飛ばされ、「おあと三名様」が先に案内されました。ちょっとイラッとしたのもありますが、客の感情を損ねずに効率よく席を回すなら、わたしと後の3名に相席可能かを聞いても良かったかなと。その方が円満解決しそうですけどね。3名が相席嫌そうだったら、気持よくお先にどうぞと譲れたんですが、そういう提案もなくサラッと飛ばされたのは残念かな。

レジの方がすごく感じのよい方で、最終的には美味しかったし気分よくランチを終えました。ちゃんちゃん。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告