今日の札幌はものすごくいい天気でした

晴天のおかげでとても清々しい気分のおたまです、こんばんは。タイトル読んでスルーする方も多そうな、ブログにしては珍しいかもしれない天気の話題。

今日の札幌は日中ものすごく天気が良かったんです!なんかもう、めっちゃテンション上がりましてねぇ。これは書かずにいられん!となりました。なぜわたしがこれほど天気1つで浮かれられるかを二つの観点から書いていきます。

雪国のこの時期は晴天ひとつで浮かれられる

北海道に限らずでしょうけど、雪国では2月のこの時期に今日の札幌くらいの晴天を見ると心浮かれる人が多いはず。雪解けが進んで道路もカラッカラに乾いてましたし。

危険いっぱいの冬が終わりも近づいてきた、と感じられるような晴れの日は雪国暮らしの身には本当に嬉しいものなんです。春の訪れを感じるとか風流な表現じゃ物足りない、「オラァ、早く春来いやー!」くらい待ち望んでます。

わたしのファーマー部分がウズウズする

春が近いと感じられると、早く農作業をしたくてウズウズしちゃうんですよ。今年はアレも栽培してみたい、種屋に早く行きたい、土触りて―!って。来週には雪踏みを始めると今日決めました。雪踏みは長靴で畑の雪を踏んでカサを減らしつつ、剣先スコップで雪にザクザク穴を開けます。少しだけですが、雪解けが早まるので。

そして、畑の栽培暦や設計図を明日から作って、雪踏みの合間を見て、そろそろ苗立ての準備に入る作物の種を揃えようかと。今年は玉ねぎも苗立てからやるので、玉ねぎの種を仕入れて3月頭には種まきに入りたいですね。

そんな感じで、1人浮かれてるわけなんですが、なぜわたしが晴れただけでこんなにも嬉しいかをお伝えする日記でした。最後まで駄文に付き合ってくれた方がいましたら、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告