新たなリファラスパム「addons.mozilla.org」情報

今日もまた当ブログのアクセスがメッチャ増えたと喜んでいたら、新たなリファラスパムだと分かりげんなり気味のおたまです。こんばんは。一日遅れのアクセス急増エイプリルフールネタ、本当にありがとうございました・・・。ロシアでは今日がエイプリルフール(アクセス元がロシアのsamaraという都市でした)なんですかね。んなわけないか、おそロシア

さぁて、ちゃちゃっと新しいリファラスパム情報を紹介していきます。

addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/ilovevitaly/に注意

addons.mozilla.orgがありますね。こいつが今回のリファラースパム元のURL

3番目にaddons.mozilla.orgがありますね。こいつが今回のリファラースパム元のURL

Google Analytics上の”refferal”では「addons.mozilla.org」と表示されます。ご存じの方はピンときたかもしれませんが、ブラウザ「firefox」のアドオン公式サイトのアドレス。

有名どころである程度信頼のありそうなURLで表示されるのがタチ悪い。しかも上2つのリファラスパムと違い、一人のユーザが何ページも見て回って、さも「わたしロボット違う、人間ネ」とでも言いたそうな挙動。そう仕組まれたボットなのか、人間が手動でやっているのかわかりませんが、これまでのリファラスパムのボットよりは手が込んでいます。

さらにクリックすると「/en-US/firefox/addon/ilovevitaly/」というアドオンのURLが出てきます。このアドオンがリファラスパム元だ!

さらにクリックすると「/en-US/firefox/addon/ilovevitaly/」というアドオンのURLが出てきます。このアドオンがリファラスパム元だ!

アナリティクスで「addons.mozilla.org」をクリックすると「en-US/firefox/addon/ilovevitaly/」が表示され、初めてこのアドオンがリファラースパム元と分かりました。

で、「en-US/firefox/addon/ilovevitaly/」について調べてみると、日本語サイトでの情報はあまりないんですが、外国のブログで「addons.mozilla.orgのリファラスパムを止める方法」を紹介してくれている人がいました。感謝。参照したのは以下のサイト。

Stop addons.mozilla.org referral traffic (Spam)

こちらのサイトで今回のリファラースパムの除外設定を紹介していました。英語なのでわたしが参考にしながらAnalyticsで設定した方法をご紹介。

addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/ilovevitaly/の除外設定

簡単に説明するので分かりにくい場合は、わたしが以前書いたリファラスパムと対策についての記事も参考にしてください。

  1. Google Analyticsの「アナリティクス設定」をクリック
  2. アカウント下の「すべてのフィルタ」をクリック
  3. 「新しいフィルタ」ボタンを押す
  4. フィルタ名を「addons.mozilla.org/ilovevitaly」など分かりやすいものに設定
  5. フィルタの種類で「カスタム」をクリック
  6. フィルタフィールドから「キャンペーンのソース参照URL」を選択(※間違えていたので訂正)
  7. フィルタパターンに「addon/ilovevitaly/」と入力
  8. 自分のサイトをビューに追加したら「保存」ボタンをクリック

という流れです。リファラスパムの除外設定をしたことのある方なら何となくわかるはず。この設定をしておけば、「en-US」以外の言語圏からのスパムも防げるということでしょう。これで来なくなるといいけどなぁ。

というわけで、この間40以上のリファラースパムのURL除外設定をした矢先に、セカンドインパクトを喰らったおたまでした。来年のエイプリルフールまでリファラスパムはもういらんです、はい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告