玉ねぎとにんにくの成育記録

記事の投稿名を「onion-garlic-seiiku」にしようとしたら、にんにくの英語がすぐ出てこなかったおたまです。英語に明るい皆さん、こんばんは。昨日はまたもやリファラスパムのせいで、書きたいことも書けないこんな世の中じゃ・・・と心のなかを毒が駆け巡っていましたよ、ハハハ。でも昨日の記事が中々人さまのお役に立てたみたいで、今日はスパムじゃないアクセスが急上昇してました。世の中なにがどうなるか分からないものです。

ですが、わたしが本当に書きたいブログ記事というのは、シンプルライフを模索している中で考えていることや読んだ本、自給自足を兼ねた多様な野菜栽培の様子とかなんです。最近は農作業が本格化してきたこともあり、野菜の種まきや成長記録、作業風景など書きたいことがどんどん溜まってきている状態。もう邪魔しないでくれよ、リファラスパム。そっちの記事から当ブログを訪問してくれた方も興味を持ってもらえると嬉しいんですけどね。

さて、前置きが長くなりましたが本編は短め。玉ねぎとにんにくの成育記録を画像中心にお送りします。

玉ねぎの2葉目が出たよ!

玉ねぎを種から栽培しよう~種まき編~で玉ねぎの種まき風景を紹介したのが3月11日でした。下の写真を撮ったのが4月2日だったので、種まき後およそ25日で2葉目が観察できました。「2葉目」をどう表現するか悩んだんですが、「ふたば」だとあまりに皆さんがお持ちのイメージとかけ離れそうでこうなりました。

玉ねぎ2葉目の画像

赤丸が玉ねぎの2葉目が出てきたところ

ちょっと分かりづらいかもしれないので、拡大して見てみてください。良かったら、玉ねぎが発芽し始めたの発芽したての頃と見比べてもらえると、玉ねぎの成育過程がよりお楽しみいただけるかと。青々とした葉が元気さを物語っています。

ニンパが立った!ニンパが立った!

ニンニクの葉っぱ、略してニンパ。畑の雪どけ間近写真集でのニンパはまだ雪に押しつぶされていじけた感じでした。それがようここまで・・・。思わず「ニンパが立った!ニンパが立った!」と喜ばずに入られない光景。トライとかしませんが、アルプスに憧れはあります。

ニンニク列の画像

以前よりピンとしてきました

列の俯瞰図から接写してみると下の写真みたいな感じ。このニンニクは北海道の在来種で実についている皮がピンク色のマンモスとか言う品種。

葉が立ったニンニクの画像

ニンニクの葉。雪につぶされていじけてたのがしっかり立ってます。

茎も葉もしっかりしてていい感じでしょ?やや黄色みがかった葉が肥料欲しいと訴えてる気もしますが、肥料はあまりやらないスタイルなので例年こんな感じ。出たての新葉だから色が薄いということも十分考えられて、もう少し暖かくなってくると全体の緑が濃くなってくるはず。がんばれ~、ニンパ。

まだ成育記録でお届けできる写真はこのくらいですが、これからは育苗のために蒔いた種がどんどん発芽してきます。芽が出たらまた写真を撮ってアップしていくので野菜の成長を見てみたいそこのアナタ、お楽しみに。山クラゲや赤水菜、エゴマに茎ブロッコリーなど変わった野菜の種もまいたので自分でも楽しみで仕方ないです。あとはリファラースパムに記事更新の邪魔をされないよう、一緒に祈っててください。(ブログ読んでくれてる)みんな、オラに(リファラースパムを避ける)力をちょっとだけ分けてくれっ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告