孔子餐店の四川麻婆豆腐を食ってきた

ここ最近、イベント出店続きで珍しく外食づいていたおたまです。先日食べてきた孔子餐店という中華料理屋の四川麻婆豆腐が美味しかったので紹介します。この間は万豚記の麻婆豆腐を紹介したばかりで、また麻婆。辛いもの、とりわけ麻婆豆腐は大好物だから仕方ない。

孔子餐店の場所

場所というか、Google+のページがあったのでリンクを貼っておきます。
孔子餐店(こうしはんてん)

上のページをご覧いただくとわかると思いますが、北大病院の門の向かい側あたり。わたしは札幌駅北口から徒歩で向かいましたが、10~15分くらいでたどり着けると思います。

四川麻婆豆腐うまかったよ!

ランチはないので小ライスも頼みました

孔子餐店の四川麻婆豆腐


四川麻婆豆腐ランチセットがないので、小ライスを一緒に頼みました。合わせて850円くらい。ザーサイもついてきました。ひとくち食べて・・・こ、これは・・・

うーまーいーぞぉぉぉぉーーーー!!!!

わたしの中の味皇様が雄叫びを上げた瞬間でした。辛味が得意なわたしは、完食するまで汗もかかずにペロリといけました。中国山椒と辣油が大量、まるっと太った唐辛子も浮いていて、辛いのが苦手な方は要注意。塩気はけっこう強めですが、ライスと一緒に食べてちょうど良い感じでした。濃い味・辛いものに自信がない場合は、ライス大と合わせると良いかもしれません。

店内の様子について

ネット上で「清潔感と店員の対応」あたりが話題になっているようですね。食べログとか個人ブログなど。たしかにわたしが店内に入った時も、カウンター席の食器が全く片付けられていませんでした。行ったのが2時頃だったのも要因でしょうけどね。

雑多な感じを見ても汚いという印象は受けませんでした。カタコトの店員が働く中華料理店ではよくある光景なので驚きもしませんし、日本にいながらにして異文化体験ができたと思えばそれも良い経験でしょう。

入ってすぐに「ランチ営業終わってるのかな?」と日本の文化に照らしあわせて、「まだ大丈夫ですか?」と聞いたら、「お好きなところにどうぞ~」と良い対応もしてくれましたよ。店員の対応とネット上にあったのも、わたしはけっこう丁寧だと感じました。厨房から怒声が聞こえてきたのは、ネット上の噂と同じ体験をしましたけどね。まぁこれも他の中華料理屋でも経験してるし、中華料理店あるあるネタみたいなものかも。

孔子餐店の四川麻婆豆腐について、個人的な味の感想と店の雰囲気を紹介してみました。札幌にお住まい、もしくは出張予定で辛いもの好きな方にはオススメです。ぜひ一度ご賞味あれ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告