wifi接続のWordPressブロガー必見!GoogleAnalyticsで自分のアクセスを除外する超簡単な方法

わたしはネット接続にはすべてWimaxを使っています。
wifi接続だとWordPressでブログ運営をするとき困ることがあるんですよ。
ものすごくGoogleAnalyticsで自分のアクセスを除外しにくい!

ブログの更新をして出来栄えを確認してたら、すごくアクセスが伸びてる!
と思ったら自分だったという苦い経験をしたWimaxユーザも多いはず・・・
これを回避するべく、wifi接続でも簡単にアクセス除外する方法をお伝えします。
結論を先に言っておくと、ブラウザにアドオン入れるだけなのですごく簡単

なぜWimaxだとアクセス除外がしにくいのか

説明するにはIPアドレスを知っておく必要があるんですが、わかりやすくいきます。
ネットに接続する時にこのIPアドレスというのが割り振られます。
「21◯.18△.14□.12☓」みたいな数字で表されます。

固定IPアドレスだと上のような数字が毎日同じになります。
Wimaxでは動的IPと言って、ネット接続するたびにこの数字が変わってしまいます。

そのため、GoogleAnalyticsで自分のIPアドレスを除外しても、IPが変わったらまた自分のアクセスも拾ってしまうんです。IPが変わるたびにアクセス除外のフィルタをかけても追いつきませんよね。
動的IPはGoogleAnalyticsのフィルタでは自分のアクセスを除外しにくいんです。

じゃあWimaxユーザはどうやってアクセス除外したらいいのさ?

わたしもそう思ったんです。そして調べました。
おそらくあなたよりも見当違いな方向性で・・・
IPが動いちゃうなら固定させちゃえばいいじゃない!←ハルヒ的どや顔の瞬間

そしてWimaxのIPを固定して使う方法、探しました。
めっちゃ探しました・・・そしたらありました!有料だけどね。
Wimaxの月額料金が2000円くらい高くなるけどね。

けっ、やってられっか!無料でできる方法を探してたんだよ、こちとら!
ここでやっと気づきました。探す方向が間違っていたことに。

気を取り直して「wordpress wifi ip 除外」みたいな語句で検索。
ブログを読みあさって見つけました。アドオン入れるだけで自分のIP除外する方法!
アドオン入れるだけとかめっちゃ簡単じゃないですか!これだって思いました。
使うアドオンは「Google Analytics オプトアウト アドオン」。

Google Analytics オプトアウト アドオンとは

Google Analytics の JavaScript (ga.js) と連携して Google Analytics に情報が送信されないようにします。

という機能のアドオンです。Google Analytics オプトアウト アドオンはこちら
かいつまんで説明します。

このアドオンをインストールしたブラウザ(Google chromeやFirefox)からGoogleAnalyticsを設置してあるサイトを見ても、データが収集されなくなります。
自分で設置したアナリティクスでも、よそさまのサイトでも同じことです。

Google アナリティクス オプトアウト アドオンのインストール

GoogleAnalytics オプトアウト アドオンからダウンロード、インストールします。
対応ブラウザはchrome、Internet Explorer、Safari、Firefox、Opera。

chromeでのインストールを例に紹介します。
わたしはすでにインストール済なので一部表現が実際と異なるはず。
画像2つ目の追加済みの文言が違ったと思います。
chrome以外でも流れは変わらないはずですのでやってみてください。

Google アナリティクス オプトアウト アドオン

右上の青いボタンを押すとダウンロードできます



Google Analytics オプトアウト アドオン

右上の追加済みとなっている緑色のボタンを押すとインストールできます


以上でインストール完了です。お疲れさまでした。
インストール後の1回だけ自分のサイトを見たときにアクセス拾いましたが、
2回目以降はちゃんと除外してくれてました。

こんな簡単にできるなら早く知りたかった!
同じような悩みを抱える方のお役に立てれば幸いです。

したっけね~

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告