春先のニンニク畑は除草・除けつ・追肥を一緒にしましょう

こんばんは、今年は春先の雨が少ないおかげで毎日畑で小躍りしたくなるおたまです。身体自体は1月以上もほぼ畑に出っぱなしなので多少しんどかったりはします。でも、慣れてくれば1月身体使い通しなんて言うのもわりと大丈夫なんですよ。慣れって怖いですね。毎年4月~5月くらいが一番しんどいのかも。

さて、数日前にニンニク畑の除草と除けつ、追肥をいっぺんに終えたので、その様子を紹介します。春先は雑草も育ってきますし、草取りがてらで除けつと追肥も一緒に終わらせておくのがオススメですよ。

うちのニンニク畑で映える雑草

ニンニク畑の雑草画像

ニンニク畑。雑草が目立ちます。

引きの写真だとちょっとどんな雑草かわかりにくいですね。もう少し寄ってみましょう。

雑草の種類

スズメノカタビラ、ハコベ、一部にスギナが生えています。

大体この3種類の雑草です。葉が尖っているのがスズメノカタビラで、白い花がハコベ、スギナはつんつんしています。これらの雑草をひたすら取っていきます。スズメノカタビラとハコベは根が浅く広く張るタイプなので、あまり鎌は深く入れる必要はありません。

厄介なのがスギナで、根が相当深い上に地下茎で繋がって増えていく雑草なので、できるだけ深いところで根を切ったり、繋がっている根ごと取り除くくらいの取り方をすると初夏まで少し楽ができます。

ニンニクの除けつ

除けつ対象株の画像

除けつの対象となるニンニクの双子ちゃん。

ニンニクの種は普段食べるニンニクの1片を1つの種として植えます。1片はホワイト6片だとわかりやすいかと思いますが、ホワイト6片を1玉買って、皮を向いて6つにばらした1つ1つを1片と数えます。ホワイト6片1玉あれば、大抵はニンニクの種が6つ取れる計算ですね。

1片ずつ秋に植えても、春先になると1片から2つの芽が出ることがあります。双子ちゃんですね。ですが、双子のまま育てると1株分の根から養分が両方の芽に行って、どちらも生育不良というか小さいニンニクになってしまうんです。なので、とても残酷なんですが、2つ出た芽の片方を間引いて1株にしてしまう、そんな方法を除けつと呼ぶようです。

除けつ後の画像

2つの芽を片方とって1本立ちにします。

片方の芽をなるべく根本の方で折るようにして、1本立ちにします。少し芽の周りの土をほって、残す方の芽を支えながら除けつをすると残す芽の負担を軽くできます。

生育不良・病気疑い株の間引き

生育不良株の画像

こういう生育不良株も除草ついでに取り除きます。

周りの成長に比べて遅いというか、葉がしっかり出ていない生育不良株がどうしても出てきます。こういう株は種自体があまり良くない場合が多いので、周りの土ごと掘りとってしまいましょう。掘ると分かるんですが、土の中で元のニンニクの実が腐っているような状態になっていることが多いです。

病気疑いの株画像

葉が変によじれている株も病気候補で取り除きます。

このように葉がよじれている株は病気の疑いが高いです。掘って見てみると、元のニンニクで言う実の部分に斑点が付いていることが多く、残しておくと土を介して周りの株に影響が出るので、この時点で掘りとって処分します。残酷ですが、感染を拡大させないために重要な作業。

除草・除けつ・ダメ株の除去が終わったら通路に追肥

通路に追肥後の画像

草取り・除けつ・ダメ株の除去が終わったら通路に追肥をして作業終了。

上の3つの工程を終えたら、いよいよ締めの追肥。葉にかからないように注意しながら、通路に追肥をしていきましょう。わたしの場合は牛糞堆肥を使っています。化学肥料に比べて葉にかかっても肥料焼けは少ないですが、葉についてしまった場合は1株1株落とすようにしています。追肥をする通路だけではなく葉に注意するので集中力が必要な作業です。

と、こんな感じで紹介してきた春先のニンニク畑ですべき作業でした。工程ごとに日を分けてもいいのですが、わたしはどうせならと、一回で全てをまとめてやっています。流れがあってやりやすいですし、作業ごとに身体の使う場所が違うので、筋肉への負担も少ない気がするんですよね。あくまでワタシ流なので、分けて進めたり、あなたの作業予定にあった進め方を見つけてください。日を分けても、どれもやった方がよい作業には違いありません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告