インターネット回線をWimaxからb-mobile高速定額に乗り換えました

こんばんは、格安でインターネット使い放題の環境ができてホクホクのおたまです。昨日、b-mobileの高速定額SIMを購入して、やっとセットアップが出来たのでUSBテザリングしながら書いています。ひゃっほー、b-mobile最高ぅぅぅ~!!!!

なぜWimaxからb-mobile高速定額に乗り換えたか

コストパフォーマンス、この一言につきます。Wimaxも良かったんですが、Wimax2+の登場によって通信速度が遅くなってきたのを実感していたのと、更新月がちょうど今月だったので、以前から乗り換えを検討していました。調べていく中で偶然も重なり、b-mobileが良いだろうと判断。そして昨日高速定額SIMを購入してセットアップを終えたところです。

コストパフォーマンスは差が歴然でした。Wimaxは月額4000円ほどで、自宅では電波1本の下り速度が3Mbpsほど。しかも出張先では電波が入らない場所もある。これに対して、b-mobileは月額2000円ほどで、自宅では早い時は5Mbpsを超えることもあり、DoCoMoの回線なので出張先でも入りそう。これでは乗り換えないわけがない。

SIMカードの購入場所は?

イオン!

イオンでSIMを買ったらポケットティッシュを5個もつけてくれました。

イオンでSIMを買ったらポケットティッシュを5個もつけてくれました。

こんな感じのパッケージにSIMカードが入ってます。

SIMカードを挿す機体はなに使ってる?

Polaroid Pigu!小さくてルーター代わりに良いスマホです。

Polaroid Piguは前のWimaxルーターとあまりサイズが変わらない。

Polaroid Piguは前のWimaxルーターとあまりサイズが変わらない。

これに先ほど買ってきたSIMを挿していきます。

SIMどんな感じ?

マイクロSIMなので小さい。Polaroid PiguはマイクロSIMと標準SIMを挿すスロットの2つ用意されています。でも、1枚挿しならマイクロSIMから挿すのが推奨されていたのでマイクロSIMにしました。

黒丸で囲ったところがSIMカード(マイクロSIM)です。

黒丸で囲ったところがSIMカード(マイクロSIM)です。

この小さいSIMカードを外して先ほどのスマホに挿して、設定を終えれば晴れてテザリングでネットに繋げるルーター代わりのスマホが出来上がり!

速度ってどんなもん?

USBテザリングでつないだパソコンと、無線でつないだスマホで同時速度計測をしてみた結果がこんな感じでした。

スマホ下り:3.89Mbps

PC下り:1.5Mbps(USENスピードテスト)

2台同時につないでこれだけ出てたらわたしは言うことなしなレベル。

twitter上で評価真っ二つのb-mobile、なんで?

詳しくはわからないけど、使う場所(特にDoCoMo回線の人口密度)やLTEか3Gかが大きく関係してそうな気がします。わたしの場合は3G回線のみのスマホで、都心部から離れた人口密度自体が低い地域に住んでいるのが功を奏してるんじゃないかな。都心部で使えないって言ってる人はLTEでネットに繋ごうとしてる人が多そうだから、3Gの方が空いてて実用的な速度になる可能性はありそうな話。

興奮のあまり駆け足で書いてきましたが、またb-mobile高速定額については記事を書いていきます。ひとまずは、買った場所や使った感想など簡単にお送りしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告