ARIAが新作アニメ化決定!9月にはイベント上映も。でっかい楽しみですね!

わたしはARIAが大好きでして。漫画もアニメも、とても癒やされます。
気持ちが疲れた時は漫画を読んだりアニメを見る習慣があるくらい。
心の栄養剤みたいなもので、手放せないほど大好きなんです。新作ウズウズする~

ファン同志の方は新作アニメ化というだけでおぉ!ってわかってもらえますよね。
当ブログをご覧でARIAを知らない方もいると思うので、さらっと布教を兼ねた説明のあとにアニメ情報をご紹介。

ARIAとは

天野こずえさんの漫画作品で、最初はAQUAというタイトルで連載されていました。
AQUAが2巻出たところで出版社を移ることになり、ARIAにタイトルを変えて12巻で連載終了。
AQUA・ARIA合わせて14巻でシリーズとしては完結したコミックです。

わたしが感じるARIAの良さを箇条書きで紹介

  • 1話完結で読みやすい。癒されるエピソードが多いので、好きな話をパッと読み返せて良い。
  • 背景の細部まで描写がきれいで、美術作品を見るようにうっとり眺められる。
  • 作者の天野こずえさんが猫好きなので、かわいい猫たちが登場して癒やされる。
  • なんかこう、疲れた時に読むと悩みの小ささを感じられて現実に立ち向かう元気がわく。
  • セカセカした日常から離れて、スローライフというかゆったりした時の流れを感じられる。

書き出すとキリがないのでこのくらいにしておきます。

3行で紹介するARIAのあらすじ

舞台はテラフォーミング(※1)された火星(アクア)にある、
地球のヴェネツィアを模した「ネオ・ヴェネツィア」という都市。
ネオ・ヴェネツィアで観光水先案内人(ウンディーネ(※2))として活躍する女性たちと
お客さん、街の人たちの物語。
一人前のウンディーネを目指す水無灯里の成長と、
四季折々で姿を変えるネオ・ヴェネツィアが描かれた作品です。

※1:テラフォーミング-SF用語で、惑星の地球化を意味する。
ARIAでは火星が人の住める環境になっている設定。
※2:ウンディーネ-現実のヴェネツィアにもいるそうですが、男性の職。
ARIAでは女性がウンディーネをしています。

今まで出たARIAのアニメ作品

ARIA新作アニメ化情報

新作アニメのタイトルは『ARIA The AVVENIRE』。
1作目のANIMATIONから10周年になるんですね。
AVVENIREはイタリア語で「起こる・将来・未来」の意味。
前作のORIGINATIONであの終わり方なら、漫画登場話以外の描き下ろしの線が濃厚?
コミック最終巻の未来の話とか。

9月26日(土)には、イベント上映が決定しているようです!
どこで開催かは今後の情報に期待。
劇場作品っぽいので上映される映画館の情報も気になるところですね。
札幌もあるといいな。

さらに、先ほど紹介したアニメ作品が全てBlu-ray BOX化が決定だそうです!ぬなっ!
これは欲しい!断捨離を始めたわたしにとっての試練なのか・・・

原作の終了に合わせて最後のアニメ作品も終わったので、続編はないと思っていたら。
こんな形で新作アニメ化となって嬉しい限りです。
身近にARIAファンがいたら抱き合って喜ぶレベルなんですが。
あまりの嬉しさに、さらっと書くつもりが割りと文量多めの興奮気味テンションに。

したっけまた~

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告